名刺をテンプレートから作るときのポイント

名刺を簡単に作りたいと考えたらテンプレートを利用するのが便利です。しかし、ただ単純にテンプレートを使ってしまうのには躊躇してしまう人もいるでしょう。どのようなポイントを押さえて作るようにすると良いのでしょうか。

テンプレートを使用する躊躇

名刺を作るときにデザインを一から全て考えるのは大変だと感じる人もいるでしょう。時間がなくて作れないという人もいます。そのときに役立つのがテンプレートであり、無料で使用できるテンプレートも世の中には多数流通しているのが現状です。しかし、テンプレートを使うのに躊躇する人も多いのは確かでしょう。簡単に整ったレイアウトの名刺を作れるのに躊躇してしまうのはなぜかと思う人もいるかもしれません。ためらいが生じている原因として多いのは、テンプレートを使って手抜きをしたという印象を相手に凭れてしまいたくないということや、自分の思いを忠実には反映していない名刺になってしまう懸念があることです。しかし、それは少し工夫をするだけで解決できます。

テンプレートはそのまま使わない

名刺をテンプレートからそのまま作ってしまえば非常に簡単です。無数のテンプレートの中から気に入ったものを探し、名前などを打ち込めばそれで出来上がってしまうでしょう。しかし、相手がそのテンプレートを知っているかもしれないなどといった心配があるときには、テンプレートをそのまま使わないという一工夫をするのが大切です。少し手を加えてしまうだけで元の様子とはだいぶ違う状態になったり、なんとなく面影が残っていたとしても手をかけたという事実がしっかりと見えてきます。この一工夫をするだけで名刺を簡単に作りながらも、テンプレートを使うことへの躊躇をなくすことができるでしょう。ほんの少しだけ手間を足せば良いのです。

使用するテンプレート探しも大切

テンプレートに手を加えて名刺を作るときには使用するテンプレートの探し方も大切です。基本的には手を加えてはならないと定められているテンプレートもあるので、まずそれは候補から外さなければならなくなります。また、完成度が高く、整ったデザインのテンプレートほど手を加えると見栄えが悪くなってしまいがちです。できるだけシンプルなものを探して、レイアウトを変えたり、イラストなどを追加したりするというのが比較的簡単に行える工夫になります。写真などをワンポイントで入れるだけでも全体の印象が変化してテンプレート由来ではないと感じてもらえる可能性が高まるでしょう。写真の場合にはデザインに合うか合わないかも問題になるので、手の加え方に合わせてテンプレートを選ぶという視点も重要です。