ビジネスで名刺は重要なポジションにあること

ビジネスにおいて名刺は初めてお会いする人と交換するものです。そのため社会人になるとほとんどの社員が自分の名刺を受取ることになります。名刺自体が自分の顔になり、渡した相手がそれを大切に取っておき、そしてアプローチをくれることを願うのです。

名刺は大事な商売道具

社会人になるとビジネスマナーを教えられます。今まで学生生活をしてきた中で気にしたことがないような電話の受信発信でのマナーであったり、来客があった際の対応、また初対面の人との名刺交換ということを教え込まれます。とくに名刺交換では名刺入れからの出し方、渡し方、受け方、その際に発するべき言葉等を繰り返し練習します。名刺交換が初対面の人と初めておこなうことなので、スムーズにおこなえることが大事になります。そのときに笑顔を交えて渡すことができれば相手に好印象が残り、相手が会社に戻っても名刺を見ることで自分のことを覚えていてくれます。その覚えているということ自体、ビジネスにおいては仕事に依頼に繋がることが多いのです。

いろいろな仕掛けがある名刺

そのため名刺自体にもいろいろな施策が施されているものも出てきています。昔は白い台紙に黒字であるものが多かったのですが、最近ではカラーの名刺が一般的です。自分の顔写真入りのものであって、受け取った方としても会ってお話した印象は薄くなっていても、名刺の顔写真を見ることでその時のことが思い出されることもあります。QRコード付のものもあって、それを読み込むことで会社の説明がなされたり、担当者の自己紹介が流れたりします。たかが紙一枚ですがいろいろな情報が詰まっていて、直ぐに捨てられることも少なくなっています。他社がおこなっている施策が良いと感じた企業が、自社の名刺に同じような施策を施したりすることもあります。

名刺で魅了したお客さんに期待以上の成果を出すこと

ビジネスにおいては名刺は仕事を発注したり受注したりするきっかけにはなります。そのきっかけをそれ以降活かすも殺すも依頼に対する成果次第です。例えば、効果的な名刺で仕事をもらっても期待以上の成果を出さなければ、以降は受注する可能性は低くなります。期待以下の結果しか出せなかった場合には、そのうわさが業界内に飛びまわることになります。名刺が目立つものであるだけに名刺はいいけど仕事の成果はイマイチといったことになれば、いくらいい名刺を作成して配布してもうわさが先行しておりそれだけで終わってしまうことが多いです。効果的な目立つ名刺はそれだけで業界内でも注目される施策になるため、お客さんが期待している以上の成果を出すことが必須となります。